バスタイムの楽しみ方

夏バテ対策の効果的な入浴

「夏バテに気をつけないと」と感じたら、毎晩の入浴を忘れずにしましょう。

夏の厳しい暑さは、エネルギー消耗や睡眠不足につながりやすく、疲労感を招きます。

さらに、高温多湿な屋外とエアコンのきいた屋内の大きな温度差は、体温を調節する交感神経が働き続ける原因になり、自律神経のバランスが崩れます。

夏バテの予防には、十分な睡眠や栄養バランスのとれた食生活、交感神経を休める生活習慣を心がけることが大切です。

夏バテの主な原因は、自律神経のバランスの乱れです。

「夏バテに気をつけないと」と感じたら、毎晩の入浴を忘れずにしましょう。

ぬるめのお湯につかると、副交感神経が優位になり、交感神経が休まるので、リラックス状態になり、自律神経のバランスを整えることができます。

好きな香りの入浴剤を使えば、リラックス感がさらに高まります。

おすすめの温度は37~38℃くらいです。

10~20分ほど湯船にじっくりつかりましょう。

全身の血行が促され、体にこもった熱を効率的に逃がせるので、寝苦しい夜も涼やかに過ごすことができ、快眠にもつながります。 いつもよりぬるめのお湯で交感神経を休めましょう。

快眠に効果的な入浴

入浴と深部体温

入浴すると、深部体温(脳や内臓の温度)がぐんと上がった後で急降下します。

深部体温は、寝つきのよさや眠りの深さと深く関係しています。

寝床に入る1~2時間前の深部体温の下がり方が急であるほど、よい眠りを得やすいとされています。

入浴すると深部体温が急激に上がるので、その後の睡眠をいざなう効果があります。

寝る前の入浴で深部体温を上げると快眠につながります。

快眠に効果的なお湯の温度は・・・

就寝する予定の時刻になっても体のほてりが抜けない場合は、お風呂に入る時刻を少し早めてみてください。

お風呂上がりの汗やほてりが引いてきた頃が、布団に入るベストタイミングです。

寝る時刻の約2時間前の入浴がおすすめです。

ぐっすり眠りたい人は・・・

40℃前後です。

10分以上を目安に、できれば30分程度ゆっくりとお湯につかってください。

副交感神経が優位になりリラックスすることでも、快眠しやすくなります。

熱すぎるお湯につかると、かえって目が冴えてしまう場合もあるので、寝つきをよくしたい人にとっては逆効果になる可能性があります。

お湯につかり続けるのが苦手な人は、無理をせず、湯船から出て休憩しましょう。

ぬるめのお湯に、15~30分ほどゆったりつかりましょう。

腰痛に効果的な入浴

入浴と腰痛

入浴には、血流を促す効果や、浮力により腰の負担を軽減する効果があるので、慢性の腰痛対策にぴったりです。

筋力の衰えが腰痛の原因であることも多いため、軽い腰の体操を組み合わせて入浴の効果をアップさせましょう。

バスタブの中でできるストレッチ。

38~40℃くらいのややぬるめの湯に肩までつかり、10分間の全身浴で体を十分に温めます。

その後、湯船の中で、バスタブの片側を両手で持ち、腰をゆっくりひねります。

バスタブのふちを持ち、腰を持ち上げたり戻したりするのも効果的です。

入浴後は関節や筋肉がリフレッシュされているので、エクササイズで鍛えやすく、症状を軽減させるだけでなく、腰痛予防にもつながります。

リラックスに効果的な入浴

気分をリラックスさせたいときは・・・

ぬるめのお湯は副交感神経に働きかけるので、リラックスできます。

心身ともに休息させてリラックスしたいときは、ぬるめのお湯が効果的です。

夏ならば38℃前後、冬なら40℃前後のややぬるめの湯にじっくりつかりましょう。

ぬるめのお湯は副交感神経に働きかけるので、リラックスできます。

副交感神経とは、体を緊張からときほぐしてリラックスさせる神経です。

入浴以外では睡眠中に強く働き、心身を休ませて疲れを癒してくれます。

気分をシャキッとさせたいときは・・・

42℃以上の熱いお湯は、交感神経が優位になります。

すると、心臓の鼓動が高まり、血の巡りが活発になります。

仕事をしているときなどは、この交感神経が活発に働いていると考えられます。

熱いお湯は、リラックスではなくシャキッとエネルギッシュになりたいときに効果的です。

入浴剤について

古来日本では・・・

古来から日本では、薬草(薬用植物)などを体の治療のためにお風呂に投入して入浴が行われていました。

特に、漢方薬と薬草を組み合わせたものは、薬湯などと称され、江戸時代には皮膚病の治療目的で処方されていました。

温泉に恵まれた日本では、病気やけがの治療のために温泉につかる湯治という習慣も古くからありました。

端午の節句の菖蒲湯、冬至の柚子湯など、植物などをお風呂に入れて健康を願う風習や大子温泉のりんご湯のように、植物などの香りを楽しむ習慣などが古くからあります。

日本の入浴剤の誕生

古来からの温泉や薬湯の効果を手軽に楽しむために誕生したのが、入浴剤です。

日本の入浴剤の始まりは、明治時代につくられた生薬が入った布袋を煮出して使うタイプのものです。

その後、天然温泉のお湯の成分を配合した入浴剤や、香りや色でリラックスする入浴剤が誕生しました。

当初は主に銭湯などの公衆浴場で使われていましたが、お風呂つきの住宅が一般化して以降は、各家庭でも入浴剤を楽しむようになりました。

近年では、保湿成分でスキンケアや美容効果を期待する商品も誕生し、家庭で出来る手軽な健康法として日本人の生活に欠かせない存在になっています。

ストレスの多い現代社会では、入浴剤で香りや肌触りを楽しみながら、気分転換やリラックス効果のある入浴をされる方も増加しています。

グループから選ぶ

SNSのご案内

WoFのInstagram(インスタグラム)  Instagram
インスタグラムを始めました!
ぜひフォローしてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日・営業時間:
 平日9:30~17:30まで
  土日祝・夏季休暇・年末年始除
※ご注文の受付:
 定休日もホームページにて24時間
 ご注文を受付ております。
※お問合先:
 ご不明な点等がございましたら
 ご連絡下さい。
 フリーダイヤル:0120-032-302
 Mail:info@wof-wof.jp

ページトップへ