タオルの知識

タオルの歴史

タオルの起源

石器時代のスイス湖畔にある住居跡で、手や体を拭って乾かすのに使われたと推測される毛や木の内側の皮、亜麻などを使った織物が発見され、これらのものをタオルの原型とする説が一般的です。

日本のタオルの歴史

日本では、1872年(明治5年)大阪税関に初めて輸入されました。

当時は非常に高価であり、手拭いとよばれる平織りの和手拭いが普及していたため、主に襟巻きとして使われていました。

タオルが日本に輸入された頃、日本人はそれが手や体を拭くものだとは知らず、そのやわらかい感触と優れた保温性や通気性から、また、当時は輸入品が非常に高価であったこともあり、首巻きや衿巻きとして使い、タオルを「毛巾(もうきん)」とも書いていました。

グループから選ぶ

SNSのご案内

WoFのInstagram(インスタグラム)  Instagram
インスタグラムを始めました!
ぜひフォローしてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日・営業時間:
 平日9:30~17:30まで
  土日祝・夏季休暇・年末年始除
※ご注文の受付:
 定休日もホームページにて24時間
 ご注文を受付ております。
※お問合先:
 ご不明な点等がございましたら
 ご連絡下さい。
 フリーダイヤル:0120-032-302
 Mail:info@wof-wof.jp

ページトップへ