香水の知識

香水の語源と歴史

香水の知識

香水の語原

フランス語の「parfums」”パルファン”

英語の「perfume 」”パフューム”

ラテン語の「per fumum 煙を通して」 を語源としています。

香水の歴史

太古の時代には芳香の植物・樹脂などを焚き、天に立ち昇る煙を通して神への祈りを捧げました。その後、体の身だしなみやファッションとしてフレグランスが使われるようになりました。

古代エジプトでは、宗教儀式やミイラ作りに香料が用いられていました。

19世紀には、合成香料の技術が発達し一般に香水が普及しました。

香料産業が発達した現代では、化粧品やフレグランス製品に使用される香料を“フレグランス”、食品に使用される香料を“フレーバー”と呼んでいます。

欧米ではフレグランス製品をフレグランス、パルファン、パフューム、などと様々に呼んでいますが、日本においてはフレグランスまたは香料と呼ぶのが一般的です。

グループから選ぶ

SNSのご案内

WoFのInstagram(インスタグラム)  Instagram
インスタグラムを始めました!
ぜひフォローしてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日・営業時間:
 平日9:30~17:30まで
  土日祝・夏季休暇・年末年始除
※ご注文の受付:
 定休日もホームページにて24時間
 ご注文を受付ております。
※お問合先:
 ご不明な点等がございましたら
 ご連絡下さい。
 フリーダイヤル:0120-032-302
 Mail:info@wof-wof.jp

ページトップへ