香水の知識

薫り立ち(匂い立ち)について

薫り立ち・匂い立ちとは

時間の経過に伴って香りが変化していく状況を「香り立ち」または「匂い立ち」と呼びます。

フレグランスボトルを開けた瞬間、肌に付けた時に感じる印象、そして時間が経つにつれて変化していく様子、もう消えてしまいそうになりながら肌に静かに残っているように、香りが少しずつ変化します。

フレグランスは何十、何百という数の香料を混ぜ合わせて作り、完成されたフレグランスは肌に付けた時、揮発度の高いものから低いものへと順に香り立って変化していく特徴があります。

薫り立ち・匂い立ちの変化

この変化は大きくトップノート、ミドルノート、ベースノートの三段階に分けられます。

トップノート・先立ち

香りを嗅いだ時に感じる最初の印象。

つけてから5~10分位香る部分で、揮発性の高い香料が感じられます。

レモン、ベルガモット、ラベンダー、タイム、アルデヒドなどが主に香ります。

ミドルノート・中立ち

香りが調整される上で一番の骨格となる部分です。

つけてから30分~2時間位に香る部分で、パフューマーの表現したいイメージが一番現れています。

配合されている全ての香料がバランスよく香る部分です。

ベースノート・後立ち

香りをつけてから2時間以降、香りが消えるまでの残り香で、自身の肌の上でその人独自の香りとなる部分です。

持続性の高いムスク、アンバー、パチュリ、サンダルウッドなどが感じられます。

グループから選ぶ

SNSのご案内

WoFのInstagram(インスタグラム)  Instagram
インスタグラムを始めました!
ぜひフォローしてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日・営業時間:
 平日9:30~17:30まで
  土日祝・夏季休暇・年末年始除
※ご注文の受付:
 定休日もホームページにて24時間
 ご注文を受付ております。
※お問合先:
 ご不明な点等がございましたら
 ご連絡下さい。
 フリーダイヤル:0120-032-302
 Mail:info@wof-wof.jp

ページトップへ