バスタイムの楽しみ方

入浴剤について

古来日本では・・・

古来から日本では、薬草(薬用植物)などを体の治療のためにお風呂に投入して入浴が行われていました。

特に、漢方薬と薬草を組み合わせたものは、薬湯などと称され、江戸時代には皮膚病の治療目的で処方されていました。

温泉に恵まれた日本では、病気やけがの治療のために温泉につかる湯治という習慣も古くからありました。

端午の節句の菖蒲湯、冬至の柚子湯など、植物などをお風呂に入れて健康を願う風習や大子温泉のりんご湯のように、植物などの香りを楽しむ習慣などが古くからあります。

日本の入浴剤の誕生

古来からの温泉や薬湯の効果を手軽に楽しむために誕生したのが、入浴剤です。

日本の入浴剤の始まりは、明治時代につくられた生薬が入った布袋を煮出して使うタイプのものです。

その後、天然温泉のお湯の成分を配合した入浴剤や、香りや色でリラックスする入浴剤が誕生しました。

当初は主に銭湯などの公衆浴場で使われていましたが、お風呂つきの住宅が一般化して以降は、各家庭でも入浴剤を楽しむようになりました。

近年では、保湿成分でスキンケアや美容効果を期待する商品も誕生し、家庭で出来る手軽な健康法として日本人の生活に欠かせない存在になっています。

ストレスの多い現代社会では、入浴剤で香りや肌触りを楽しみながら、気分転換やリラックス効果のある入浴をされる方も増加しています。

グループから選ぶ

SNSのご案内

WoFのInstagram(インスタグラム)  Instagram
インスタグラムを始めました!
ぜひフォローしてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※営業日・営業時間:
 平日9:30~17:30まで
  土日祝・夏季休暇・年末年始除
※ご注文の受付:
 定休日もホームページにて24時間
 ご注文を受付ております。
※お問合先:
 ご不明な点等がございましたら
 ご連絡下さい。
 フリーダイヤル:0120-032-302
 Mail:info@wof-wof.jp

ページトップへ